会則

とちぎ未来ネットワーク(FTN) 会則

(名 称)

 第 1条 本会の名称を,とちぎ未来ネットワーク(Future Tochigi Network)とし,通称名として「FTN」を用いる。

(目 的)

 第 2条 本会は,異分野連携を大きく前進させ,新産業の創出や地域の活性化を担う人材の自己研鑽の場を提供するため,産学官民の枠組み,社会的立場,肩書,年齢,国籍等を超えた広範かつフラットな人的ネットワークを形成し,会員相互の交流と情報交換の促進を図り,地域の未来を築く人材の育成と地域の科学技術・芸術文化・地域産業の振興に寄与することを目的とする。

(事 業)

 第 3条 本会は,前条の目的を達成するため,次の事業を行う。

  一 会員相互の交流・情報交換会
  二 テーマを設定した研究会
  三 適正な情報収集と会員への情報発信
  四 異分野連携の促進
  五 関連団体との連絡・交流・協力
  六 その他必要とされる事業

(会 員)

 第 4条 本会は,以下の4種の会員により構成する。

  一 正会員:本会の目的に賛同する個人
  二 法人会員:本会に協賛する法人
  三 学生会員:本会の目的に賛同する学生個人
  四 特別会員:会長が本会の運営上特に必要と認めた者

 入会するには,1名の会員の推薦または運営委員会の承認を必要とする。
 法人会員については一口について個人会員1名の登録ができ,正会員と同等の資格を保有させることができる。

(会 長)

 第 5条 本会に,会長1名を置く。

2 会長は,正会員の中から総会で選出する。
3 会長は,本会を代表する。
4 任期は2年とし,再任を妨げない。
5 会長が欠けたとき又は事故あるときは,第7条第3項の運営委員長がその職務を代理する。

(総 会)

 第 6条 総会は,本会の最高議決機関であり,会長が招集し,正会員により構成され,年一回開催する。

2 総会の議長は会長が務める。
3 総会の議決事項は次の通りとし,各議案はメール等で配信した議決行使書を以って賛否を問うことができる。

  一 事業計画及び収支予算
  二 事業報告及び収支決算
  三 会則の制定及び改正
  四 会長の選出及び改選
  五 その他必要と認める事項

4 総会は会員の1/2以上の出席をもって成立する。
5 議決は出席会員の過半数により決する。賛否同数のときは議長の決するところによる。

(運営委員会)

第 7条 本会の運営について協議するため,運営委員会を設置する。

2 運営委員は,会長が会員の中から指名する。
3 運営委員長は,運営委員の中から互選する。
4 運営委員は,分野別あるいは異分野連携の研究会を担当して支援する。

(事務局)

第 8条 事務局は運営委員が担うこととする。

(研究会)

 第 9条 会員は,テーマを設定した研究や情報交換を行うため,研究会を設置することができる。研究会を設置する場合は,担当運営委員名と共に事務局に届け出,廃止する場合は,担当運営委員を通して事務局に届け出ることとする。なお,研究会の維持経費は,研究会の参加者によって負担することを原則とする。

(会 費)

 第10条 正会員費は年間2千円とし,法人会員費は年間一口1万円とする。法人会員は複数口の会費納入を妨げない。特別会員及び学生会員の会費は徴収しない。

(退 会) 

第11条 会員は本人の申し出により退会できるものとする。

2 会員が年会費を納入しない場合は退会したものとする。
3 禁止事項に反し会員資格を喪失したものから推薦を受けていた会員の資格については,その都度運営委員会で審議する。
4 退会後に,1名の会員の推薦または運営委員会の承認があれば再入会を認める。

(禁止事項)

 第12条 会員は,次の事項に該当する行為を禁止する。

一 法令,公序良俗に反する行為
二 政治活動,選挙運動,もしくはそれらに類似する行為と,宗教などへの勧誘行為
三 運営委員会が承認していない営業活動やその他の行為
四 本会の活動や運営を妨害する行為

2 会員が前項に掲げる事項に該当する場合は会員資格を喪失するものとする。

(雑 則)

 第13条 この会則に定める項以外,必要な事項は運営委員会において協議し,会長の決裁を得ることとする。

附則

この会則は,平成23年10月15日から施行する。