FTNとは

会長あいさつ

とちぎ未来ネットワーク(FTN)へのご入会のお願い

                              会長 進村 武男(宇都宮大学学長)

 

「とちぎ未来ネットワーク(FTN:Future Tochigi Network)」が平成231015日に発足いたしました。とちぎ未来ネットワーク(FTN は、肩書きや立場、分野や年齢を問わず、垣根を超えて自由に交流できる新たなネットワークであり、相互に情報を交換し、異なる分野の連携によって斬新なアイディアの創出を期待しています。また、地域産業の振興と人材の育成(後継者の育成)に貢献し、地域イノベーションの展開を目指しています。

FTN は、日頃馴染みの薄い異分野の人たちとの交流・情報交換の場(サロン)と、共通の話題について勉強する場(研究会)を提供しています。ある分野では当たり前の事柄(原理原則)は異なる分野の人達にはよく理解されていません。異なる分野の原理原則を上手く取り込んで新たな考えや手法、新技術や新分野(フロンティア)の創出が期待できます。

FTN は、栃木県の地域おこし・町おこし、地域産業の振興、若者の育成のために「自由に語れる和やかな場(サロン)」を提供します。このFTN 設立の精神にご賛同いただき、「とちぎを元気にする新たなネットワーク」に多くの方々のご入会を心からお願い申し上げます。 

FTNとは

FTNは、異業種間で肩書きや立場を超えて情報交換を行い、地域産業の振興、人材が育つ機会の創出を目指しています。

様々な分野の多くの方が会員です。皆様の気楽なご入会をお待ちしております。

 

ftn_image.jpg
主な活動

★研究会     研究会への参加、研究会の主宰
★フォーラム   会員が一堂に会した情報交換および交流会
★情報発信    ホームページ、メールマガジン等


会員は関心ある研究会に参加できます。また、自分の取り組みたいテーマを研究会として立上げ、参加するメンバーとともに自発的に活動していくことができます。
「産」「官」「学」「民」立場を超えて個人会員としての参加を原則としているため、フラットで異分野と連携しやすい環境を提供しています。
FTNを活用いただき、人的交流による啓発・研鑽・創造の場が形成され、地域の発展につながることを期待しています。

 

 組織

★会長

★運営委員会

★事務局 [運営委員が担当し、窓口を宇都宮大学地域共生研究センター内に設置]

★研究会

★会員 [正会員、法人会員、学生会員、特別会員]